②みんなで食べる食事が楽しい健康住宅

食は、健康の源。
おいしいものも楽しく、わいわい食べると消化吸収もよいと言います。

私たちのモデルプランのLDKは、小上がりのあるリビングとダイニングキッチンが一体の空間になっています。
ご家族はもちろん、気の置けない仲間を呼んで食事をゆっくり楽しむ、健康住宅としてのイメージのしつらえを提案しています。
小上がりに腰掛けて談笑したり、アウトドアデッキに出て夕涼みしながら、食をゆったり楽しむ憩いの場をイメージしています。

Q1.設計上の留意点は?一体の空間であればそれだけで十分なのか?
ダイニング部分も吹き抜けであるべきでは?
A. モデルのLDKの構成は、吹抜け一体空間のスキップフロアとなるリビングの床下空間に収納をつくる提案を主眼にしています。
空間の広がりは、すべて吹抜けにすることよりも、一部分吹抜けにするとメリハリが付く面白さも生まれます。
一体の空間がお好みでなければ、吊り戸建具などで仕切ることも提案できます。
リビングと仕切りを入れるのは、キッチンの料理臭を抑える効果もあります。

Q 2.日差しや照明が大事なのでは?
A. 昼間の日差しは、土地条件にあわせて、窓の位置や大きさを個別検討します。
夜間の明るさについては、照明器具をふくめて検討します。
お好みの器具があれば、設計で個別に検討しながら提案をします。

Q3. 天然木のテーブルがオプションで用意できればいいのでは?
A. ダイニングテーブルやシステムキッチンについても、新居のご希望や現在の御住まいのスタイルを伺いながら、オリジナルにコーデイネートした設計提案もします。